平成22年10月22日(金)午前

動画版を見る

参議院議院運営委員会理事会について

 今日は私(官房長官)の方から5件ご報告いたします。9時30分に、参議院議院運営委員会理事会に呼ばれましたので、そして陳謝をせよということでございますので、次の通り、私(官房長官)の方から申し上げました。「鈴木委員長をはじめ理事の皆様のご了承を得て、一言、申し上げます。参議院における質疑において、私(官房長官)から、不適切な答弁、本院決定事項について異を唱えるような答弁がございましたことについて陳謝いたします。今後、国務大臣として、真摯な答弁に努めてまいりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。また、蓮舫大臣の雑誌記事の件についても、院内の議員活動の範囲を超え、また、その後の本院における答弁も不適切であったことを私(官房長官)からも厳重に注意をし、本人も反省しております。官房長官として陳謝いたします。今後内閣としてこのようなことが起きないように十分気を付けてまいります。」これを申し上げてまいったところでございます。

奄美地方における大雨による被害状況について

 次に、奄美地方における大雨による被害状況についてご報告いたします。人的被害については、昨日ご報告したとおり、死者3名、軽傷1名となっております。現在も引き続き現地におきまして、地元自治体をはじめ、警察、消防、自衛隊、海上保安庁等関係機関が一体となって、被害の状況の把握に努めているところであります。政府全体としても、官邸危機管理センターにおいて、24時間体制で情報収集に当たっているほか、防災担当大臣出席の下、昨21日、「第1回関係省庁災害対策会議」を開催し、政府、鹿児島県、被災自治体が一体となって災害応急対策に万全を期するため、更なる被害拡大の防止、孤立者の安全確保などに全力を尽くすことなどの対処方針として確認するなど、政府一体となって対応することとしております。本日も同会議第2回目を開催する予定としております。なお、今後の雨の見通しでありますが、22日昼過ぎから夕方にかけて、1時間30ミリの激しい雨になる恐れがあるとのことでありまして、引き続き対応に全力を尽くしてまいります。先程申し上げました、確認された対処方針でありますが、「政府、鹿児島県、被災自治体が一体となって災害応急対策に万全を期するため、以下の事項を確認する。一、更なる被害の拡大の防止に万全を期すこと。二、孤立者の安全確保及び救出に全力を挙げるとともに、避難先の安全と安心についても十分確保すること。三、現地調査を含め、引き続き早急な被害状況の把握を行ない、関係機関の情報共有を図ること。四、電力通信回線等ライフラインの早期復旧を図ること。五、鹿児島県や関係市町村と連携し、応急対策、復旧対策等につき、政府一丸となった対応を行なうこと。」これが、昨日の「第1回関係省庁災害対策会議」で確認をされた対処方針であります。

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。私(官房長官)から「海外出張不在中の臨時代理について」申し上げました。その他一般案件1件、国会提出案件18件、政令、人事が決定されました。 閣僚懇談会におきましては、「平成22年度補正予算編成日程について」、私(官房長官)から申し上げたところでございます。

拉致問題対策本部 第3回会合について

 それからもう1点は、今朝、「拉致問題対策本部第3回会合」を開催いたしました。本部長である菅総理大臣の下、副本部長である柳田拉致問題担当大臣、前原外務大臣のほか、岡崎国家公安委員長、福山官房副長官にご参加を頂きました。今回は先月の内閣改造で、副本部長である拉致担当大臣と外務大臣が代わったこと、北朝鮮において世代交代の動きが進んでいること、などを踏まえて開催したものでございます。捜査、調査の観点から、岡崎国家公安委員長にも加わって頂きました。内容は、最近の北朝鮮情勢等を踏まえ、今後の拉致問題対策の進め方についての意見交換でございました。本会合では、次回会合までにこれまでの取組を点検の上、政府全体として今後何ができるかを検討することを確認いたしました。時期については、11月中旬~下旬に拉致問題対策本部を開くということが決められたところでございます。

総合科学技術会議について

 それからですね、本日閣議後に総合科学技術会議を開催いたしました。会議では、「第4期科学技術基本計画策定に向けた検討状況」につきまして、及び「平成23年度概算要求における優先度判定等の結果」について、報告を受け、意見交換をいたしました。なお詳細につきましては、海江田科学技術政策担当大臣にお尋ねを頂ければ有り難いと存じます。

このページの先頭へ