平成22年10月7日(木)午前

動画版を見る

ノーベル化学賞日本人受賞について (古川元久内閣官房副長官)

 まず私(官房副長官)からはですね、根岸英一さんと鈴木章さんのノーベル化学賞の受賞について、まず申し上げます。昨日、本年のノーベル化学賞をパデュー大学特待 教授根岸英一氏、北海道大学名誉教授 鈴木章氏が受賞されたことは大変喜ばしいことと考えております。昨晩、総理からも連絡がとれました鈴木さんにですね、直接電話でお祝いの言葉をお伝えをしました。また、今日、昼頃にもですね、根岸さんの方にも電話をする予定でおります。お二人の受賞はですね、我が国の学術研究の水準の高さが国内外に示されたものであって、大変、誇りに思っております。今後ともですね、日本人の受賞者が増えることを期待しておりまして、政府としては幅広い基礎研究がより一層推進されるよう関連施策の充実に努めてまいりたいというところでございます。
 私(官房副長官)の個人的な感想を申し上げますと、私(官房副長官)も昨日の夜の報道など、なかなか皆さんも報道するのに苦労をされておられたようですけれども、理論はよくわかりませんけれども。しかし、私達の今のいろんな生活に役立っているんだなと、そういうですね、研究がもうずっと前に行なわれた、そういう基礎的な研究が様々な過程を通じてですね、いろんな方々の努力を通じて、今、私達の生活に役に立っていると。そういう意味で、皆様お気づきになっているかどうかわかりませんが、昨年の政権交代以降ですね、「科学技術」という時に、「科学・技術」という形で、鳩山政権以降ですね、記述を意識的にさせていただいております。これはですね、今回のような研究というのは言わば基礎研究。これは、科学ですね、真実を探求するという、そういう部分と、やはり、「技術」、これは、世の中に役に立つ、人に役に立つということでありますが、科学のそういうもので得られた知見をベースにしてですね、世の中に役に立つものを創るということは、「科学技術」でありまして、そういう意味で「科学」と「科学技術」は似て非なるところがありましてですね、今までは、従来は「科学技術」という、まとめていましたが、そこはですね昨年の政権交代以降、意識をして、もちろん「科学技術」という今までのこう「・」がないのも大事でございますけど、やはりその前提となっていくこの「真理の探究」、「基礎研究」というものをですね、重要性というのが、そういった意味で我が国にですね、今のこういうですね、国際的意味でも強い競争力をもつようなですね、世界に誇る「メイドイン・ジャパン」というのは、世界の中でも非常に信頼感がある。そういうですね、「科学技術」を生みだして来たことにはやはりこういう地道な基礎研究というのがあって、そういった意味での「化学」ではない「科学」ですね、「化学」も含めてですからね、そういう基礎研究であります、科学の重要性というのものは、改めて、私達、認識をしていかなきゃいけないのじゃないかなと、そんなふうに、私共は昨日の受賞を受けて思った次第でございます。

このページの先頭へ

関連リンク