平成23年1月17日(月)午前

動画版を見る

阪神・淡路大震災について

 今日は、阪神淡路大震災から16年目にあたります。改めまして、この6,400名を超える尊い命が奪われたこと、心より哀悼の意を表する次第でございます。その16年間の間に、地域の皆さんの懸命の努力によって、目覚ましい復興が遂げられておりますが、さらに被災高齢者の皆さんに対する目配りや、町の賑わいの喪失に向けた対応などに留意していくことが必要だろうというふうに思っております。今日、この阪神淡路大震災の当日ということも頭の片隅にございましたが、今日、官房長官就任、最初の平日、まずは危機管理センターに足を運びまして、危機管理の体制について、改めて説明、報告、確認をさせていただきました。大規模地震をはじめとする自然災害をはじめとして、さまざまな危機から、国民の生命、財産を守るために危機管理の対応をしっかりとしていく決意を改めていたしたところでございます。

このページの先頭へ