平成23年3月14日(月)午後

動画版を見る

福島第一原子力発電所の件について

 私の方から原子力発電所の件、そして計画停電の件、それぞれ当事者である東京電力からも発表・報告がなされておりますが、細かい具体的なところは直接当事者の方からも発表されていると思いますが、私ども政府としての認識について、改めてしっかりと御報告をさせていただこうということでこの場をセットさせていただきました。
      
 まず、福島第一原子力発電所の件について御報告を申し上げます。この原子力発電所の、まず本日午前11時過ぎにいわゆる水素爆発を起こした3号機を始めとして、第一原子力発電所の各機については大変御心配をおかけいたしております。3号機につきましては、水素爆発の後も注水再開の努力を行い、8時過ぎに注水が再開をされました。第1号機につきましても同様に注水を開始いたしました。これら2つの機につきましては、本日午前11時過ぎの水素爆発によって、建物の屋根、外壁等が飛散をしていて、その取り除き作業等によって再開をするのに若干の時間がかかりまして、御心配をおかけいたしましたが、この会見場に下りてまいりますタイミングでは、注水が再開をし、水位の上昇も見られております。これによって、しっかりと冷却をするという行為が再開をいたしておりますので、この状態が続けば安定的な状況に向かっていくものと思っております。2号機につきましては、原子炉を冷却する装置が停止し、こちらも水で冷却をする、そのための作業に入っておりました。この作業については、一時、ポンプの燃料の不足等がございまして、想定より時間がかかってしまいまして、一時水位が低下して、いわゆる燃料棒のところが水面から出る状態が若干継続したものと見られております。しかし、やはり20時過ぎに、そうした問題を解決して注水を開始することができまして、水位の上昇も観測をされております。いずれも水を注ぎ込むことによって原子炉を冷却するという作業が再開をできておりますので、このままこの水を流し込む作業でしっかりと冷却を進めることができれば、安定的な状況に向かっていくものと思われますが、引き続きこうした状態を継続し、安定した状況に向かわせるべく、現地の作業の皆さんは全力を挙げていただいておりますが、安全確保に向けて最大限の努力を進めてまいります。

計画停電の件について

 続いて、計画停電の件について申し上げます。本日は、計画停電の初日でございました。いろいろと混乱もあり、国民の皆さんには大変な御迷惑をおかけしたことをおわび申し上げますと同時に、国民の皆さんの節電への積極的な取組みに感謝を申し上げる次第であります。特に、電力需要が増える通勤・通学の時間帯に、事前の予測よりも900万kWも低い電力需要でありました。これは電車の運行が止まったということの効果もございますが、地震の影響を考慮しない想定需要と比べると1,500万kWも低い数値であります。夕方から夜にかけても、すべての実績値が出ているわけではありませんが、トレンドで見ると、やはり事前の想定より大きく減少していることが考えられます。こうしたことは、鉄道事業者はもとより、国民一人ひとりの方々の節電努力や効率的な電力使用に御協力をいただいた産業界などの貢献なくしては、なし得なかった結果であると思っております。明日については、現在、鉄道について何とか運行をする中で対応ができないだろうかということについて、東京電力と経済産業省、そして国土交通省、鉄道事業者等と調整を進めているところでございます。特に本日、鉄道の運休に関わって多くの国民の皆さんに大変な御迷惑をおかけしました。また、社会経済活動の上で鉄道運送がしっかりと行われるということは大変重要であると考えております。ただ、単に鉄道をこのままの状態で運行した場合には、節電の努力を最大限していただいている状況においても、計画停電無ければ電力需要が供給を上回ることが想定されます。一方で、計画停電を行うということをこのまま進めようとすれば、本日のような鉄道の運休等を鉄道事業者としてはせざるを得ない、こういう前提条件になっております。こうした中で、鉄道の運行をしながら、なおかつ電力需要が供給を上回って、予測されない停電という事態を生じさせないためには、さまざまな、今、工夫と調整の努力をしていただいているところです。最終的な結論はまだ出ておりませんが、ぎりぎりまでの努力をしていただけるという御報告をいただいております。いずれにしても、鉄道利用の可能性を少しでも高めるためには、国民の皆さんお一人お一人の節電による努力というものの本日以上の積み重ねが必要になることが想定されます。明日以降は冷え込みが予想され、電力需要の押し上げ要因となることも考えられます。したがいまして、国民の皆さんには大変御不便をおかけし、御迷惑をおかけいたしておりますが、できるだけ早い時期に最低限の鉄道運行を確保しながら、計画停電でしっかりと電力供給の最低限の安定を図るということの努力を進めてまいりますので、その大前提となる節電の御協力を重ねてお願い申し上げます。

このページの先頭へ