本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成23年9月21日(水)午後

台風15号による大雨等に対する政府の対応等について

 私(官房長官)の方からは、台風第15号による大雨に対する政府の対応等引き続き申し上げます。
 まず最新の状況について申し上げます。
 台風15号は本日14時頃、静岡県浜松市付近に上陸し、これまでに東海地方から北日本にかけての広い範囲で、非常に強い雨を降らせております。
 また、奈良県五條市大塔町赤谷と和歌山県田辺市熊野にあったいわゆる「土砂ダム」は、降雨によって水位が上昇したものの、本日11時頃から水位が低下しております。
 その原因として、越流により漏れ出した可能性もあり、その場合には土砂ダムの浸食が進行する恐れも高く、大変危険な状態となっているという状況です。
 そのほか各地では河川の氾濫や土砂崩れが発生しており、今後も拡大する恐れがあります。
 被害としてこれまでに確認している情報では、この災害により、死者4名、行方不明者2名、家屋の半壊や床上浸水などの被害が報告されております。
 改めて、お亡くなりになった方のご冥福をお祈りし、お悔やみ申し上げますとともに、被害に遭われた皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 政府といたしましては、官邸内に設置している情報連絡室において、鋭意、情報収集・集約等に当たるとともに、関係省庁や被災都道府県、被災自治体が一体となって、救助活動や水防活動等の災害応急対策に当たっているところであります。
 なお、この状況は、渡米中の総理に対しても、秘書官を通じて、随時、報告されており、総理からは「引き続き、関係省庁、自治体の連携を一層強化の上、災害応急対策の万全を期すように」とのご指示がありました。
 気象庁によると、引き続き、東日本から北日本にかけての広い範囲で、大雨、暴風や高波による災害に最大級の警戒が必要とのことであります。
 繰り返しになりますが、国民の皆様におかれましては、大雨等の気象情報に、十分注意を払っていただくとともに、避難指示や避難勧告が発令された場合には、速やかに安全な場所に避難することなどを心掛けていただきますよう、重ねてお願いを申し上げます。
 また、東日本大震災の被災地の皆様におかれましては、地盤沈下により高潮等による被害を受けやすくなっておりますので、最大限の警戒もお願い申し上げるところであります。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.