本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成23年10月4日(火)午前

閣議の概要について

 閣議後記者会見であります。まず閣議の概要について申し上げます。
 一般案件等9件と法律の公布、政令、人事が決定されました。
 大臣発言としては、総務大臣から、「一般職の職員の給与についての人事院の報告及び勧告について」、蓮舫大臣から、「定年を段階的に65歳に引き上げるための国家公務員法等の改正についての意見の申出について」、野田総理大臣から、「海外出張不在中の臨時代理等について」、それぞれ発言がありました。

給与関係閣僚会議の開催について

 さらに、閣議前に給与関係閣僚会議を開催いたしました。
 去る9月30日に人事院から職員の給与改定に関する報告を受け取り、本日、給与関係閣僚会議を開催して、本年度の国家公務員の給与の取扱いの検討に着手したものであります。
 本日の会議においては、人事院の勧告について総務省から説明があった後、これを踏まえて国家公務員の給与の取扱いについて協議をいたしました。
 国家公務員の給与の取扱いについては、本日は結論を得るには至らず、諸般の事情を踏まえまして、今後更に検討を進めることとしております。
 次回の給与関係閣僚会議は、関係閣僚の日程を調整の上、しかるべき時期に開くことになると思います。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.