本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成23年11月2日(水)午後

東電福島第一原発2号機でキセノンが検出された可能性がある件について

 午前中は参議院本会議がありました。
 午前中にも関係しますので、私(官房長官)の方から(齋藤)官房副長官にご質問のあった東電(福島)第1原発2号機の件、現状をご報告します。
 東電福島第1原発2号機でキセノンが検出された可能性がある件につきまして、午前7時過ぎに、今日、原子力安全・保安院から官邸への第一報が行なわれたということであります。
 保安院は、昨日深夜の段階で東京電力から連絡を受けていたが、キセノンの暫定検出値が検出限界に近く、非常に検出が出来るか出来ないかということや、それから温度や圧力等のプラントデータから直ちに危険を生じる事態ではないということから、更に情報を精査した上で、翌朝、つまり今朝ということですね、に官邸や経産大臣に報告するというふうに判断したと聞いております。
 しかしながら、事故収束への取組というのは最優先の事案であり、場合によっては核分裂反応が発生している可能性があるような情報ということでは、これは速やかに、直ちに伝達すべきであったということで、枝野経産大臣の方からは保安院長に対して、これは注意をしたと、こういうことでございましたので、そのことをご報告し、それから現場の状況については、今日の午前中の齋藤副長官がお答えした時点からまだ、今調べてるということで、何か新しいことが今発表出来ると、こういうことではございません。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.