本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年6月8日(金)午前

閣議の概要について

 まず閣議の概要について申し上げます。一般案件等18件、条約の公布、政令、人事が決定されました。
 大臣発言として、中川大臣から「『障害者白書』及び『自殺対策白書』について」、松下大臣から「破綻金融機関の処理のために講じた措置の内容等に関する報告について」、松原大臣から「消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果の報告について」、総務大臣から「平成23年度政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告について」、それぞれ発言がありました。

自殺総合対策会議の開催について

 それから閣議前の会合で、自殺総合対策会議を開きました。政府では昨年から自殺総合対策大綱の見直しのための作業を行ってきたところであります。これまで様々な有識者のご意見や、自殺対策に取り組む民間団体の現場の声を伺うなどしてまいりました。本日の会議では、中川自殺対策担当大臣から、これまでの議論を踏まえた見直しの論点が提示されました。私(官房長官)からは、大綱の見直しに当たって、中川大臣が示した論点などを踏まえて、各府省において充実した施策を盛り込むように各閣僚にお願いしたところであり、今後、各府省において具体的な検討を行うなど肉付けを行っていくことになります。この件は内閣府自殺対策推進室がありますので、お問い合わせをいただきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.