本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年7月9日(月)午前

大飯原発3号機の再稼働に伴う7月10日からの節電目標の改定について

 本日未明に大飯原子力発電所3号機が定格熱出力一定運転に達しました。これを受けて、先般6月22日に電力需給に関する検討会合・エネルギー・環境合同会議で決定された内容に従い、明7月10日から節電目標を改定いたします。関西電力管内の節電目標については、現在の一昨年比15パーセント以上から、これを10パーセント以上に変更いたします。また、一昨年比5パーセント以上としている中部、北陸、中国、3電力管内の節電目標については、中部及び北陸は4パーセント以上、中国は3パーセント以上と、定着した節電分相当の節電目標に変更をいたします。大飯原発4号機の再起動が確実となった段階における節電目標の改定については、改めて政府として決定し、公表したいと考えます。現時点での考え方は、他電力管内、関西以外の電力融通のため、数値目標を伴う節電力をお願いしております中部、北陸、中国電力管内は、数値目標を伴わない一般的な節電要請に切り替えることができるのはないかと考えています。また、四国電力管内の節電目標については、現在の一昨年比7パーセント以上ですが、これを5パーセント以上に引き下げることができるのではないかと考えているところです。関電の節電目標については、今後、関係者の意見も改めて聴いた上で、政府内で検討の上、決定したいと考えています。現在、4号機の再起動に向けた作業は進められています。もちろん、作業中のトラブル等の発生も予測はないではないわけで、工程が遅延する可能性はあります。したがって、決して予断を許さず、当面は、明日より決定いたします節電目標を維持していただくようにお願いをしたいと思います。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.