本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年9月10日(月)午後

尖閣諸島の取得保有に関する関係閣僚会合について

 尖閣諸島の取得・保有に関する関係閣僚会合を、今日午後2時30分から開きました。私(官房長官)が主催をし、関係閣僚の出席を得て行われました。尖閣諸島の取得・保有に関する関係閣僚(会合)という名称であります。参加者は、総務大臣、これは代理で副大臣でした。それから外務大臣、財務大臣、国交大臣と、それから官房長官です。会合では関係閣僚による議論を経て、お手元に今お配りをしているとおりの申し合わせを行いました。個別の発言のいちいちについては申し上げませんが、申し合わせの内容、以下のとおり、概略申し上げます。1.尖閣諸島が我が国の固有の領土であることは、歴史的にも国際法上も疑いがなく、現に我が国はこれを有効に支配している。したがって、尖閣諸島を巡り解決すべき領有権の問題はそもそも存在しない。2.政府としては、尖閣諸島については、その平穏かつ安定的な維持・管理を図る必要があるとの判断から、私有地である尖閣三島、これは魚釣島、南小島、北小島につきまして、平成14年度より賃借をしていました。3.今般、所有者において尖閣三島を売却する意向を示されたので、引き続き、尖閣諸島における航行安全業務を適切に実施しつつ、尖閣諸島の長期にわたる平穏かつ安定的な維持・管理を図るため、今日の閣僚会合において、以下の方針でとり進めていくことを申し合わせました。①可及的速やかに尖閣三島の所有権を取得する。②取得目的に航行安全業務の実施等が含まれること、それから実効性ある維持・管理に必要な手段を有していること等から、尖閣三島の取得・保有は、海上保安庁がこれを行う。③他に代替性のない国境離島を取得・保有するという今般の事案の特殊性にかんがみ、内閣官房の総合調整の下で、尖閣三島を長期にわたり平穏かつ安定的に管理し続けることの価値を不動産に関する専門家の意見を踏まえつつ評価した上で、同島の所有者との交渉を妥結に導くことができました。④関係省庁は、内閣官房の総合調整の下で、尖閣諸島の長期にわたる平穏かつ安定的な維持・管理を図るため、その取得・保有に際し、今後とも相互に緊密に協力をし合うと。こういうことを申し合わせたところでありました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.