本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年10月30日(火)午前

閣議の概要について

 まず、閣議の概要について申し上げます。一般案件2件と人事が決定されました。大臣発言として、総務大臣から、「『鳥獣被害防止対策に関する行政評価・監視』の結果について」また、「労働力調査結果及び家計調査結果について」、厚生労働大臣から「有効求人倍率について(平成24年9月)」及び「平成24年度『児童虐待防止推進月間』について」、それぞれご発言がありました。私(官房長官)からは「平成24年秋の叙勲及び外国人叙勲並びに平成24年度文化勲章について」、申し上げて、財務大臣からは「特例公債法案について」、中塚大臣から「平成24年度『子ども・若者育成支援強調月間』について」、それぞれご発言がありました。
 閣僚懇談会においては、岡田副総理から「消費税の円滑かつ適正な転嫁・価格表示に関する対策の基本的な方針について」及び「閣議等議事録の作成・公開制度について」、ご発言がありました。
 次に、本日の閣議において、平成24年秋の叙勲及び外国人叙勲並びに平成24年度文化勲章の受章者を決定いたしました。本件につきましては、来る11月3日に発令する運びとなっております。受賞者の総数及び勲章別の内訳はお手元に配布している資料のとおりであります。詳細は、内閣府賞勲局までお問い合わせをいただきたいと存じます。 

予算編成に関する政府・与党会議の開催について

 次に、予算編成に関する政府・与党会議の開催について申します。この会議は我が国経済社会の再生に向け、政府・与党一体となって平成24(25)年度予算編成に取り組むために設置されたものであり、「日本再生戦略」に関連する施策に係る特別重点要求、そして重点要求等について、重複排除などに取り組み、予算配分の重点化の検討を行っていくものです。今日の会合では、実務者会合のメンバーを決定しました。また実務者会合に対し、総理から、特別重点要求を行ったグリーン、ライフ、農林漁業の分野の項目について、それぞれの分野ごとに重点要求を行った項目については、その項目の中から優先的に重点的に予算配分すべき項目を具体的に選定することなどの指示がありました。詳細は、これは内閣官房副長官補室にお問い合わせを願いたいと存じます。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.