本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年4月18日(木)午前

※スマートフォン等で動画をご覧いただけない場合にはパソコンでご覧下さい。

小学校高学年児童及び中学校生徒を対象とした総理大臣官邸及び公邸の特別見学について

 小学校高学年児童及び中学校生徒を対象とした、総理大臣官邸及び公邸の特別見学についてであります。先般、麹町小学校及び麹町中学校の児童・生徒の皆さんに、官邸及び公邸を特別見学をしていただきました。これに引き続きまして、4月20日に、福島県の子どもたちにも特別見学をしていただくことといたしました。福島県においては、子どもの支援活動等を行っておりますNPO法人が、子どものキャリア形成支援を目的として、「福島と東京をつなぐ見学会」を企画されたということで、私どももその趣旨に賛同し、官邸及び公邸を特別見学していただくこととしたものであります。詳細については、官邸事務所にお問い合わせをいただきたいと思います。なお、以前に申し上げましたとおり、今夏から、官邸及び公邸の特別見学を実施することを検討をいたしております。詳細は検討中ですが、官邸の執務に支障のない範囲での見学が大前提のために、小・中学校の夏休み期間のうちの特定の日、小・中校の児童・生徒のグループを対象として行いたいと考えております。詳細、5月中を目途に発表させていただく予定であります。

アジア文化交流懇談会について

 「アジア文化交流懇談会」の開催について申し上げます。この懇談会は、本年1月にインドネシアで安倍総理が表明した「対ASEAN外交5原則」の一つである「アジアの多様な文化、伝統を共に守り、育てていく」を受けて設置をされるものであります。具体的には、政治、経済に止まらない重層的な関係を有するASEANを含むアジア諸国の間で、文化交流を通じた関係強化の方策について、有識者の方々にご議論をいただきたいと思います。メンバーは配布資料のとおり11名であります。第1回の会合は、4月19日(金)18時から予定をしており、冒頭、総理にもご出席をいただく予定であります。その後、9月に、総理に対して提言を提出いただく予定です。そして、その提言に基づいて、日本とアジアの間の具体的な新たな文化交流政策を立案し、12月の「日ASEAN特別首脳会議」において発表したいと考えております。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.