本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年6月14日(金)午前

※スマートフォン等で動画をご覧いただけない場合にはパソコンでご覧下さい。

閣議の概要について

 閣議の概要についてであります。一般案件等20件と法律の公布、人事が決定をされました。大臣発言として、甘利大臣及び安倍総理大臣から、「経済財政運営と改革の基本方針について」、稲田大臣から、「規制改革実施計画について」及び「公共サービス改革基本方針の一部変更について」、山本大臣から、「『世界最先端IT国家創造宣言』について」、文部科学大臣から、「教育振興基本計画について」、森大臣から、「『高齢社会白書』及び『犯罪被害者白書』について」、農林水産大臣から「平成24年度水産白書について」、経済産業大臣から「『平成24年度エネルギーに関する年次報告』について」、それぞれ御発言がありました。

経済財政運営と改革の基本方針、日本再興戦略及び規制改革実施計画について

 本日、「経済財政運営と改革の基本方針」、「日本再興戦略」及び「規制改革実施計画」を閣議決定をしました。「経済財政運営と改革の基本方針」は、「再生の10年」を実現する明確な道筋を示した基本戦略であり、これに基づいて、政策の具体化と実行に全力を挙げて取り組んでまいります。また、「日本再興戦略」に基づいて、民間活力を引き出し、新たな市場フロンティアを創出するための政策を準備が整ったものから迅速に実行に移し、日本経済を揺るぎない成長軌道に載せていきたいと考えます。特に、規制改革は、成長のための一丁目一番地であり、この「規制改革実施計画」を着実に実施することで、規制改革を抜本的に推進してまいりたいと思います。日本経済の再生に向け、政府一丸となって、これらに盛り込まれた政策を前例のないスピードで迅速に実行してまいります。

防災対策実行会議の開催について

 本日夕刻、私(官房長官)を座長として、中央防災会議の専門調査会である「防災対策実行会議」の第1回の会議を開催をいたします。この「防災対策実行会議」は去る3月26日に開催された中央防災会議において、防災対策を「検討」から「実行」へと進めるための、設置が決定されたものであります。この会議においては「災害対策法制の見直し等を受けた実行上の課題とその対策」、「南海トラフの巨大地震や首都直下地震に関する政府全体の行動計画の策定について」等を議論していくこととしており、省庁横断的に、縦割りを排し、政府一体となって、防災対策の充実・強化を図ってまいる考えであります。

健康・医療戦略について

 本日、私(官房長官)を含む、9大臣の申し合わせにより「健康・医療戦略」を決定しましたので、お知らせをいたします。「健康・医療戦略」は、超高齢化社会を迎えつつある我が国において、健康寿命世界一を達成するとともに、健康・医療分野に係る産業を戦略産業として育成し、我が国経済の成長に寄与することを企図して策定したものであります。この「健康・医療戦略」は、本日、閣議決定した成長戦略の策定と緊密に連携しながら取りまとめられたもので、私(官房長官)がこれまで産業競争力会議の席上発表した内容を盛り込んでおります。今後は、政府としてこれを着実に実行に移してまいります。本件の詳細については、健康・医療戦略室にお問い合わせをいただきたいと思います。

ルセーフ・ブラジル大統領の訪問について

 本日の閣議において、ルセーフ・ブラジル大統領を、6月26日(水)から28日(金)まで、公式実務訪問賓客として招待することが了解をされました。ブラジルには、約150万人と言われる海外最大の日系社会が存在をし、また、日本には、約20万人の在日ブラジル人コミュニティーがあります。このように日本とブラジルは人的な絆を通じた長い歴史と伝統に培われた特別な関係を有しており、また、資源や食糧分野を中心とする長年の協力関係もあります。ブラジルは、今や、GDPが世界6位(2011年統計)まで成長し、G20やBRICS等を通じて国際社会における発言力も増すなど、グローバルな大国になっております。今回の訪問により、両国が特別な関係を基礎として、緊密な協力関係にあることを改めて首脳間で確認をするとともに、今後日本とブラジルの戦略的パートナーシップを様々な分野で一層深化されることを期待をいたします。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.