本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年2月12日(水)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。質問主意書に対する答弁書7件と法律の公布、法律案、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、外務大臣から「イラク西部における武力衝突により発生した国内避難民に対する緊急無償資金協力について」、御発言がありました。

平成22年尖閣諸島領海における中国漁船の衝突事件に関して

 平成22年の尖閣諸島領海における中国漁船の衝突事件について、本日午後、損害賠償の時効中断のための訴訟を提起することといたしました。その提起にあたっては、政府の主張の正しさを立証するための映像記録を提出することとしており、その映像記録の取り扱いについて、海上保安庁において、求めに応じて一般にも開示することといたしております。

拉致問題対策本部(コア会合)の開催について

 安倍内閣として、自らの手で拉致問題を解決したいという固い決意の下に政権発足以来全力を尽くしてまいりました。今般、最近の北朝鮮情勢の変化などを踏まえつつ、拉致問題への取組を一層強化する観点から、本日夕刻、官邸において拉致問題対策本部長である安倍内閣総理大臣、副本部長である古屋拉致問題担当大臣、岸田外務大臣そして私(官房長官)の4閣僚による拉致問題対策本部コア会合を開催をいたします。この会合においては、最近の北朝鮮情勢や北朝鮮における人権に関する国連調査委員会への対応などについて、本部長、副本部長間で協議し、認識の共有を図ってまいります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.