本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年5月27日(火)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等9件と法律の公布、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、森大臣及び国家公安委員会委員長から「平成25年度交通事故の状況及び交通安全施策の現況及び平成26年度交通安全施策に関する計画について」、農林水産大臣から「平成25年度食料・農業・農村白書について」、財務大臣から「平成25年末現在の対外の貸借に関する報告書及び平成25年中の国際収支に関する報告書について」、山本大臣から「平成27年度に日本学術会議が共同主催する国際会議について」、文部科学大臣及び山本大臣から「H-ⅡAロケット24号機による陸域観測技術衛星2号『だいち2号』の打ち上げについて」、それぞれ御発言があり、私(官房長官)から「大臣補佐官の任命」について、申し上げました。

内閣人事局の発足について

 内閣人事局の発足に伴いまして、本日、内閣人事局を5月30日に発足させることを閣議決定をいたしました。内閣人事局の下、内閣の重要政策に対応する戦略的人材配置を実現し、縦割り行政の弊害を排して霞ヶ関が一枚岩となって諸課題に迅速に解決できる体制を構築するとともに、国家国民のために働く公務員を育てていきたいというふうに思ってます。内閣人事局の事務のうち、幹部人事一元化関連を除いた国家公務員制度と行政組織に関する事務について、稲田朋美大臣に「国家公務員制度担当大臣」を発令し、御担当いただく予定であります。幹部人事について、内閣人事局長には加藤勝信内閣官房副長官を指名する予定であります。人事政策統括官には総務省人事・恩給局長笹島誉行と総務省大臣官房付若生俊彦を、内閣承認を経て任命をする予定であります。また、今回、女性の活躍促進を担当する審議官を置くこととし、厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長定塚由美子を任命する予定であります。いずれも30日発令の予定であります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.