本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年9月12日(金)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等3件と条約の公布、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、厚生労働大臣から「平成26年版労働経済の分析について」及び「百歳の高齢者へのお祝い状及び記念品の贈呈について」、御発言がありました。

内閣府副大臣及び内閣府大臣政務官の人事について

 本日、葉梨康弘法務副大臣を内閣府副大臣に兼ねて任命するとともに、大塚拓法務大臣政務官を内閣府大臣政務官に兼ねて任命することといたしました。両名には、特定秘密の保護に関する制度に関する事務について、担当の松島大臣を補佐していただくことになります。

宇宙開発戦略本部について

 本日、閣議前に、第8回宇宙開発戦略本部会合を開催をいたしました。冒頭、山口大臣から、宇宙政策委員会における検討状況の報告があり、最後に総理から「宇宙が安全保障上、その重要性を増大させていることを踏まえ、宇宙産業基盤の強化に資する形で、新たな宇宙基本計画を策定する」との御指示があり、今後精力的に検討を進め、新たな宇宙基本計画をまとめていくことといたしました。詳細については、内閣府宇宙戦略室にお問い合わせをいただきたいと思います。

原子力災害対策本部・原子力防災会議合同会議について

 本日、閣議後に第35回原子力災害対策本部・第4回原子力防災会議の合同会議が開催をされ、原子力災害対策本部の議題として、福島県川内村における避難指示区域の解除等が決定をされるとともに、原子力災害から福島復興の加速に向けた取組の進捗の報告がありました。また原子力防災会議の議題として、鹿児島県川内地域の緊急時対応の確認結果と、平成26年度原子力防災訓練の実施について報告がありました。総理からは、福島については、今後、他の市町村でも避難指示解除を進められるよう関係大臣が連携をして対策を強化すること、また、原子力防災については、川内地域以外の取組を更に強化すべく、早急に政府の原子力防災体制を充実・強化するよう指示がありました。政府内でしっかり対応をしていきたいというふうに思います。詳細については、原子力規制庁にお問い合わせをいただきたいと思います。

まち・ひと・しごと創生本部について

 まち・ひと・しごと創生本部についてであります。本日、第1回まち・ひと・しごと創生本部を閣議後開催をいたしました。議題として、まち・ひと・しごと創生本部の基本方針を決定をいたしました。安倍総理大臣からは、地方創生は待ったなしの課題であり、引き続きこのスピード感を持って進めてもらいたいとのお話がありました。また、お手元の資料のとおり、まち・ひと・しごと創生会議の有識者として以下の12名の方々を内定いたしました。幅広い分野から、人口減少克服・地方創生について優れた見識をお持ちの方にお願いをすることになりました。今後、所要の手続きを行い、正式に御承諾をいただいて、会議の構成員として就任いただく予定であります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.