本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年9月29日(月)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

臨時閣議の概要について

 臨時閣議の概要について申し上げます。一般案件として、「第187回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説案」と法律案が決定をされました。

御嶽山の噴火について

 9月27日に発生した御嶽山の噴火活動により、多くの方々が死傷される事態になりました。お亡くなりになった方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様方に心からお見舞いを申し上げます。気象庁によると、御嶽山では噴火以降、噴煙活動が活発な状況が続いており、今後も同程度の噴火が発生し、火砕流が伴う可能性があるとのことであります。このため、火口周辺では、引き続き大きな噴石の飛散や、火砕流による警戒が必要であるほか、風下側では火山灰や小さな噴石に注意が必要であります。現時点で把握している被害情報として、死者4名、心肺停止の方27名が確認をされているほか、負傷者40名、そのほかにもまだ連絡の取れていない方がおります。現地では、28日早朝から、自衛隊、消防、警察など、関係機関が連携をし、懸命に救命・救助活動に取り組んだ結果、ヘリによって26名の方を救助したほか、救助・避難活動等でこれまで約420名の下山が確認されており、山小屋等に残留していた生存者は全員下山している状況であります。本日も早朝から、自衛隊、消防、警察合わせて1160名体制で捜索・救助活動を開始をいたしております。政府の対応としては、昨28日14時に官邸対策室に格上げするとともに、非常災害対策本部及び現地対策本部を設置をし、政府の総力を挙げて対応にあたっているところであります。また、同じく28日、西村内閣府副大臣を団長とする政府調査団を被災地に派遣をしました。引き続き、被災した地方自治体と緊密に連携を取りながら、政府一丸となって被災者の捜索、救命・救助を最優先に、災害応急対策に全力を挙げて取り組んでまいります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.