本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年10月14日(火)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等7件と法律案、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、総務大臣から「『規制の簡素合理化に関する調査』の結果について」、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理について」、それぞれ御発言がありました。

物価問題に関する関係閣僚会議について

 本日、閣議前に物価問題に関する関係閣僚会議を開催をいたしました。本日の会議においては「北海道電力株式会社の供給約款変更認可申請に係る査定方針」を認めることが決定をされました。電気事業法に基づく厳正な審査の結果、規制部門の値上げ率を申請ベースの17.03%から15.33%とすること。激変緩和措置として、来年3月末までは値上げ率をさらに2.90%圧縮し12.43%とすること。認可に際して原発の再稼働の状況に応じ順次値下げを実施するよう条件をつけること、といった内容となっております。

安倍総理のイタリア出張について

 安倍総理は明日15日から18日までイタリア・ミラノに出張し、アジア欧州会合第10回首脳会合に出席をします。また、安倍総理は同会合に出席する各国首脳との二国間会談を行うほか、北欧・バルト8か国との間で「NB8+日本」首脳会合を行う予定であります。今回のASEM首脳会合は、世界経済の成長や地球規模課題に関する我が国の取組、国際・地域情勢を踏まえた我が国の「積極的平和主義」の実践をアジア及び欧州の首脳にアピールする機会であります。また、参加する各国首脳との二国間会談等を通じて、我が国外交を深化・拡大をさせて参りたいと思います。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.