本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年10月20日(月)午後

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

北朝鮮への政府担当者の派遣について

  北朝鮮の特別調査委員会による調査への対応については、先月末の日朝外交当局間会合における北朝鮮側の説明を受けて、拉致被害者の御家族や各党の関係者の方々の御意見を伺いながら、今後の対応について政府全体として総合的に検討をしてまいりました。本日午後、政府・与野党拉致問題対策機関連絡協議会を開催をし、様々な御意見を伺いました。その後、総理及び関係閣僚で議論をした結果、政府としては、特別調査委員会から調査の現状について直接説明を受けるために、政府担当者を平壌に派遣することといたしました。このような方針については、現在、拉致被害者の御家族の皆さんに対して説明中であります。政府としては、調査を前に進める観点から、特別調査委員会の責任ある立場の者に対して、我が国として拉致問題が最優先であることを直接強調をし、その上で疑問点や質問をぶつけ、調査の現状についてできる限り詳細を聴きただすことは意味があると判断をいたしました。安倍政権にとって、拉致問題は最優先課題。引き続き、拉致被害者の御家族を始めとする関係各方面の御意見にしっかりと耳を傾けながら、全ての拉致被害者の帰国に向け、全力を尽くしていく所存であります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.