本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年10月22日(水)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

北朝鮮の特別調査委員会による調査への対応について

 北朝鮮の特別調査委員会による調査への対応については、北京の大使館ルートを通じて、北朝鮮側と調整をしてまいりました。その結果として、今月27日から30日までの間、伊原外務省アジア大洋州局長を始めとする担当者をピョンヤンに派遣することとなりました。このうち、28日及び29日に特別調査委員会との協議を行う予定であります。特別調査委員会の責任ある立場の者に対して、我が国として拉致問題が最優先であることを直接強調した上で、日本としての疑問や質問をぶつけ、調査の現状についてできる限り詳細を聴きただすとともに、調査を迅速に進め、全てを日本側に誠実に回答をしてくるよう強く求めていく考えであります。安倍政権にとって、拉致問題は最優先課題。政府としては、全ての拉致被害者の帰国に向けて、全力で取り組んでまいりたいと思います。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.