本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年10月7日(火)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等14件と法律案、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、私(官房長官)及び有村大臣から「公務員の給与改定に関する取扱いについて」それぞれ申し上げ、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理等について」、御発言がありました。

一般職国家公務員の給与改定について

 第2回給与関係閣僚会議及びその後の閣議において、本年度の国家公務員の給与について、人事院勧告どおり改定を行うこと等を決定をいたしました。これに関する私(官房長官)からの談話はお手元のとおりでありますが、今年の人事院勧告について、同制度を尊重するとの基本姿勢に立って国政全般の観点から検討を行った結果、勧告どおりの実施を決定したこと。公務員諸君に対し、改めて全体の奉仕者であることを自覚をし、公務の適正かつ効率的な運営を図るよう期待すること。そうしたものを表明をいたしております。なお、人事院勧告どおり給与改定を行うことを内容とする給与法改正法案等も、本日の閣議であわせて決定をしたところであります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.