本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成27年1月20日(火)午後

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

シリアにおける邦人拘束事案について

 「イスラム国」によって発出されたとみられる動画が、20日にインターネット上で配信をされました。同動画では、邦人とみられる者2名の殺害が予告されておりますけど、その真偽について現在確認中であります。仮にこれが事実であるとすれば、このように人命を盾にとって脅迫することは、許し難く、強い憤りを覚えます。
 日本国政府としては、関係各国等とも協力しつつ、当該邦人の早期解放に向け、最大限の努力を尽くす所存であります。先ほど16時に、私(官房長官)から総理に連絡を取り、以下の2点について指示を受けました。第一は、「事実関係の確認に全力を尽くすこと。」第二は、「関係各国等とも協力をし、人命第一に対応すること。」さらに、現在、総理同行中の中山外務副大臣をヨルダンのアンマンに派遣し、現地で指揮を執ることといたしました。また、東京においても、この動画が発出された後に15時に総理官邸において官邸対策室を設置し、外務省においても緊急対策本部を設置をいたしました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.