本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年2月27日(金)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等15件と法律案、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、環境大臣から「瀬戸内海環境保全基本計画の変更について」、総務大臣から「労働力調査結果、消費者物価指数及び家計調査結果について」、厚生労働大臣から「有効求人倍率(平成27年1月)について」、総務大臣から「『気象予測の精度向上等の取組に関する行政評価・監視』の結果について」、有村大臣から「平成26年度『自殺対策強化月間』の実施について」、それぞれ御発言がありました。
 閣僚懇談会においては、総務大臣から「独立行政法人の中期目標案等について」、御発言がありました。

メルケル・ドイツ首相の来日について

 本日の閣議において、メルケル・ドイツ首相を公式実務訪問賓客として招待することが了解をされました。来日期間は3月9日から10日までであります。ドイツの首相の来日は、7年ぶりになります。本年はドイツがG7サミットの議長国を務め、来年は日本がドイツからG7サミットの議長国を引き継ぐ関係にあり、この観点からも日独間の連携を図ることは極めて重要だというふうに考えます。メルケル首相との間で、サミット議長国としての連携やテロ対策を始めとする国際社会の諸課題、特にウクライナ等の地域情勢、更には二国間関係の強化等について協議をするということは、極めて有意義なことであるというふうに考えます。メルケル首相は、EU及び国際社会における最も重要なリーダーの一人であると考えてます。今回の訪日を通じ、日独両国が基本的価値を共有するパートナーとして、未来に向かって積極的に地域や世界の平和と繁栄に貢献していくとのメッセージを発信する機会としたいというふうに思います。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.