本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年4月24日(金)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等20件と法律の公布、政令、人事が決定をしました。大臣発言として、経済産業大臣から「『平成26年度中小企業の動向』及び『平成27年度中小企業施策』並びに『平成26年度小規模企業の動向』及び『平成27年度小規模企業施策』について」、総務大臣から「『自転車交通安全対策に関する行政評価・監視』の結果について」それぞれ御発言があり、閣僚懇談会では、山口大臣から「平成27年度消費者月間について」、環境大臣から「クールビズ期間の拡大について」、山口大臣から「『クールビズ期間』における『かりゆしウェア』の着用について」それぞれ御発言がありました。

クールビズの実施について

 本日の閣僚懇談会において、望月大臣から今年の「クールビズの実施」について発言があり、政府においては、昨年同様「クールビズ」を5月から行います。なお、5月、10月には暑い日と涼しい日がありますので、各自の御判断で「クールビズ」の実施をお願いをします。また、沖縄担当大臣から「クールビズ」の選択肢の一つとして沖縄の「かりゆしウェア」を加えていただきたい旨、各閣僚に協力の要請がありました。クールビズの詳細については環境省に問い合わせをいただきたいと思います。

アキノ・フィリピン大統領の来日について

 本日の閣議において、フィリピンのベニグノ・アキノ大統領を、6月2日から5日まで、国賓として招待することが決定をされました。天皇皇后両陛下は、アキノ大統領の滞在中御会見になるほか宮中晩餐を催されます。また、安倍総理は、アキノ大統領と会談をし、夕食会を催す予定であります。日本とフィリピンは、長年にわたり築き上げてきた友好協力関係を基に、戦略的利益を共有するパートナーとして地域の平和のために共に貢献をいたしております。また、成長著しいフィリピンは、共に繁栄するパートナーとして、我が国との経済的なつながりを強めるとともに、人と人との交流を深めております。今般、アキノ大統領を国賓として迎えることは、このような両国の絆とパートナーシップを一層深める意味で、極めて有意義な機会になると期待をいたしております。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.