本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年7月24日(金)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件3件と政令、人事が決定をされました。大臣発言として、厚生労働大臣から「過労死等の防止のための対策に関する大綱について」、甘利大臣から「『平成27年度の経済動向について』及び『中長期の経済財政に関する試算』について」、安倍総理大臣及び財務大臣から「平成28年度予算の概算要求に当たっての基本的な方針について」、甘利大臣から「『経済・財政再生計画』の取組促進について」、有村大臣から「平成28年度の機構、定員等の要求について」、総務大臣から「平成28年度の独立行政法人等に係る要求及び業務改革に関する取組方針について」、「政策評価の結果の平成28年度予算の概算要求への反映について」、「『平成28年度予算の概算要求に当たっての基本的な方針について』に関連して」、及び「平成28年度税制改正要望について」、有村大臣から「行政事業レビューの結果の平成28年度予算の概算要求への反映について」、国家公安委員会委員長から「平成27年警察白書について」、総務大臣から「平成27年度普通交付税大綱について」、総務大臣及び山谷大臣から「『災害時に必要な物資の備蓄に関する行政評価・監視』の結果について」、安倍総理大臣から「海外出張不在中の事務代理について」それぞれ御発言がありました。

東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部について

 本日の閣議前に、「東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部」第1回会合が開催をされました。本推進本部では、総理を本部長とし、全ての国務大臣で構成され、大会の円滑な準備及び運営に関する施策を総合的かつ集中的に推進するため、内閣に設置されたものであります。会議では、遠藤大臣から推進本部の運営や政府の取組事項の進捗状況について説明がありました。また、総理から、2020年の7月24日が東京オリンピックの開会式であり、今日からちょうど5年後にオリンピックが開幕すること、「あと5年」ではなく「もう5年しかない」という気持ちで政府一丸となって大会の成功に向けて全力を尽くすことなどについて、御発言がありました。

レンツィ・イタリア共和国首相夫妻の来日について

 本日の閣議において、イタリア共和国のレンツィ首相夫妻を公式実務訪問賓客として招待することが了解をされ、来日期間は8月2日から4日までであります。天皇皇后両陛下は、3日、レンツィご夫妻を御引見になります。また、安倍総理は同じく3日にレンツィ首相と会談し、夕食会を開催をする予定であります。2016年は、我が国がG7サミットの議長国を務めるのに加え、日本・イタリア外交関係樹立150周年に当たります。これらを見据えつつ、今回のレンツィ首相訪日の機会に、日EU・EPAの本年中の大筋合意に向けた協力など両国間の関係強化、さらに国際社会の平和と安定貢献などについて有意義な協議が行われることを期待をしたいと思います。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.