本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年8月26日(水)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

オバマ米大統領との電話会談について

 本日9時30分から約40分間、安倍内閣総理大臣は、オバマ米大統領との間で電話会談を行いました。オバマ大統領より、米国家安全保障局による通信記録の収集問題に関し、本件が日本に大きな議論を呼んでおり、安倍総理大臣及び日本政府に御迷惑をかけていることを大変申し訳なく思う旨を述べ、また、2014年の大統領令を踏まえ、然るべき措置を取っており、現在米国政府として日米間の信頼関係を損なう行動は行っていないという趣旨の説明がありました。安倍総理からは、仮に日本の関係者が対象になっていたことが事実であれば、同盟国間の信頼関係を揺るがしかねないものであって、深刻な懸念を表明せざる得ない旨、述べました。調査の上、結果を日本側に説明するよう求めたところであります。さらに、安倍総理大臣より、日米同盟間の信頼関係が極めて重要である旨改めて指摘し、そのためにも、適切な対応が必要である旨総理が述べまして、日米間の議論を継続していくということで一致をしました。さらに、双方は日米同盟の強化に引き続き取り組むとした上で、日米関係、地域情勢等の様々な課題について意見交換をいたしました。双方は、東アジア地域情勢について意見交換をする中で、9月の習近平中国国家主席の訪米も念頭に意見交換を行うとともに、最近の朝鮮半島情勢に関し、南北間の合意を歓迎をし、北朝鮮問題について引き続き連携をしていくことを確認をいたしました。また、オバマ大統領より、安倍総理大臣が8月14日に発出した戦後70年談話について、歓迎する旨申し述べてました。オバマ大統領より、日米両国でグローバルな課題に対処していきたい旨を述べまして、双方は、気候変動問題につき、COP21に向け協力していくとともに、TPPにつき早期妥結に向けて引き続き協力していくことで一致をいたしました。

女性が輝く社会に向けた国際シンポジウムの開催について

 8月28日及び29日、第2回目となる「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム(WAW!2015)」を開催をします。今年のテーマは、「WAW!for All」。様々な立場や世代の女性・男性が共に考え、行動していこうというメッセージを込めております。昨年を上回る様々な分野で活躍する女性リーダーを中心とした約150名の方々が、国内外から参加し、議論をし、提案をします。なお、基調講演者として参加予定のリベリア共和国のサーリーフ大統領は、安倍総理と27日に首脳会談を行い、エボラ出血熱からの復興に向けた協力や、来年のアフリカ開発会議を含む国際場裡における協力の強化について議論をする予定であります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.