本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年8月7日(金)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等12件と政令、人事が決定をされました。大臣発言として、有村大臣から「一般職の職員の給与についての人事院勧告等について」、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理等について」それぞれ御発言がありました。

給与関係閣僚会議について

 本日、給与関係閣僚会議を開催をし、昨日人事院から提出された人事院勧告について、関係閣僚からの御意見を頂戴をし、本年度の給与改定の取扱いの検討に着手をしたところであります。国家公務員の給与の取扱いについては、人事院勧告を尊重するとの基本的姿勢に立ち、適正な結論を得るように、国の財政状況、経済社会情勢など国政全般の観点から、検討してまいりたいと考えております。また、今回、給与勧告のほか、フレックスタイム制を拡充する勧告も提出されておりますので、必要な対応を検討してまいりたいと考えております。

原子力災害対策本部について

 本日、第38回原子力災害対策本部を開催をし、福島県の楢葉町の避難指示解除準備区域の解除を決定しました。総理からは、楢葉町の復興を一層強力に支援していくとともに、事業や農業の再開を支援する官民合同チームを立ち上げて、避難指示を解除し、住民の帰還を可能とする環境の整備に取り組むよう御指示があり、関係省庁でしっかり対応してまります。

南スーダン国際平和協力業務実施計画の変更について

 本日、国家安全保障会議の審議・決定を得た後、閣議において、南スーダン国際平和協力業務実施計画の変更等が決定をされました。これにより、国際連合南スーダン共和国ミッションへの自衛隊施設部隊の派遣期間が6か月延長することになりました。南スーダンの平和と安定は、国際社会にとって重要な課題であります。我が国としても、国際社会全体の責任ある一員として、引き続いて各国と協調をして南スーダンに対して必要な支援を行っていくことは大変意義深いものであるというふうに考えます。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.