本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年11月27日(金)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

閣議の概要について申し上げます。一般案件等8件と条約の公布、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、安倍内閣総理大臣、遠藤大臣及び文部科学大臣から「2020年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会の準備及び運営に関する施策の推進を図るための基本方針について」、環境大臣から「気候変動の影響への適応計画について」、それぞれ御発言があり、私(官房長官)から「内閣制度創始130周年記念行事について」、申し上げ、復興大臣から「東日本大震災からの復興の状況に関する報告について」、文部科学大臣から「国立研究開発法人科学技術振興機構平成26年度『革新的新技術研究開発業務』等に関する報告書及び同報告書に付する文部科学大臣の意見について」、総務大臣から「労働力調査結果、消費者物価指数及び家計調査結果について」、厚生労働大臣から「有効求人倍率(平成27年10月)について」、安倍総理大臣及び財務大臣から「平成27年度補正予算編成について」、総務大臣から「『社会資本の維持管理及び更新に関する行政評価・監視』の結果について」、文部科学大臣及び島尻大臣から「H-ⅡAロケット29号機による我が国初の商業衛星の打ち上げについて」、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理について」、それぞれ御発言がありました。
閣僚懇談会においては、河野大臣から「『秋の年次公開検証』の指摘への対応等について」、財務大臣から「秋のレビューについて」、それぞれ御発言がありました。

東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部について

本日の閣議前に、「東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部」の第2回会合が開催をされました。会議では、遠藤大臣からオリパラ基本方針の閣議決定案等について説明がありました。また、総理からは、オリパラ基本方針に基づき、国民総参加による「夢と希望を分かち合う大会」の実現、次世代に誇れる「レガシー」の創出のため、大会準備を加速させる必要があること、こうしたことについて御発言があるとともに、オールジャパンで大会を成功に導く取り組みについて御指示がありました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.