平成28年3月30日(水)午後

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

明日の日本を支える観光ビジョン構想会議について

 本日、総理を議長とする「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」が開催をされました。
 この会議では、これまで数多くの有識者にヒアリングを行い、出席者全体が観光の意義を理解し、関係各府省の意識改革が大きく進んだと思っています。その結果、本日、総理からは、新たな目標値として、訪日外国人旅行者数を2020年4,000万人、2030年6,000万人、訪日外国人旅行消費額を2020年8兆円、2030年15兆円、が示され、「できることは全て行う」この方針の下に、「観光先進国」に向けて政府が前面に立って万全の対策を講じていくとの決意が述べられました。
 これを踏まえ、三つの視点に沿って、10の改革を国を挙げて進めることにより、「世界が訪れたくなる日本」を目指す新たな「観光ビジョン」が取りまとめられました。これに関連して、今回の「観光ビジョン」を戦略的に推進していくために、関係各府省の局長級をメンバーとするタスクフォースと、観光戦略実行推進室を4月中に立ち上げることとし、政府が一丸となって、観光ビジョンに盛り込まれた内容を推進してまいりたいというふうに思います。

関連リンク