本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年4月14日(木)午後

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

熊本県熊本地方を震源とする地震について(2)

 本日21時26分頃に熊本県熊本地方で発生した地震により、これまでに熊本県において、益城町を中心に倒壊家屋19軒、負傷者12名などの情報を得ております。その他、建物の下敷き、火災、閉じ込め等の110番通報が約480件、救出救助要請も多数寄せられております。夜間で被害の全容が明らかでなく、現在総力を挙げて情報収集に当たっております。
 被害が多数発生している恐れもあることから、非常災害対策本部を本日22時10分に設置、先ほど総理出席の下に第1回会合を開催をいたしました。総理から、国民の安全確保が第一、被害者の救命・救助を最優先に引き続き政府一丸となって、災害対策、応急対策に全力を尽くすこと、余震が引き続き相次いでいることから、地方自治体と緊密に連携し、細心の注意を払って警戒を継続し、住民の避難が確実に行われるよう対策に万全を期すこと、被災自治体と連携し必要な物資の確保や医療行為の提供など、被災者の支援策に関係機関が一体となって取り組むこと、その指示がありました。
 政府としては、被災地の救助、救援のために、22時40分に熊本県知事から災害派遣要請があり、自衛隊350名、県外から警察200名、消防200名の広域的な応援派遣を行うなど、災害応急対策に万全を期しております。被災地の皆さんにおかれましては、お互いに助け合って、落ち着いて行動していただくようお願いを申し上げます。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.