本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年4月21日(木)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

熊本県熊本地方を震源とする地震について(16)

 熊本地震についてであります。これまでの地震の回数は、本日の7時現在で、745回であります。一連の地震による死者の数は48名、同じであります。また、熊本県を中心に、重傷者222名、プラス1名、軽傷者938名、プラス7名を把握しております。本日も、警察・消防・自衛隊・海上保安庁・医療部隊等による3万人体制で捜索・救助、生活支援を行っております。特に被害が集中しております南阿蘇村では、捜索・救助活動を、ここは続行、継続中であります。ちなみに、本日は昨日より千人減りまして、約3千人の体制で行ってます。と申し上げますのは、その箇所がかなり限定をされてきておりますので、約3千人体制で行っております。なお、現地では大雨のために二次災害に注意しつつ、天候を見ながら活動を行う予定である、という報告を受けております。また、関係機関や熊本県からの報告によりますと、自衛隊・警察・消防等の各機関によって、数字については一部重複の可能性がありますけれども、土砂に埋もれた方、建物の下敷きになられた方約1,200名を今日までに救助・救出をした、そういう報告を受けております。
 なお、被災者に対する食料支援については追加の90万食を順次発送をし、このほか、肌着、シャンプーなどの生活用品についても被災地に向けて発送をしているほか、避難所におけるエコノミークラス症候群対策として、仮設トイレ、この設置を促進してまいります。
 ライフラインでありますけれども、引き続き復旧に努めてます。電力は、がけ崩れや道路損壊等による復旧が困難な場所を除いて、概ね停電が解消してます。その倒壊した場所等については、電源車で対応してますので、ほぼ全て停電が解消したと、こう申し上げてもよろしいと思います。ガスは前回の会見から約8千戸減の約9万7千戸で供給を停止をしております。全国から1,800人を超える応援体制の下に、今、懸命に取り組んでおりますので、順次回復をさせていきたいと思います。水道は約3万3千戸で断水、前回会見時から約5万8千戸の減であります。熊本市内におきましては、約500戸で本日中に仮復旧を目指しますので、市内はこれで全て復旧をするということになります。原発については、原子力規制庁から引き続き異常はないとの報告を受けております。
 今回の地震で被災された皆様方に役立つ情報を一元的に発信すべきとの考え方から、昨日、首相官邸ホームページに特集ページを開設するとともに、専用ツイッターを開設をいたしました。政府としては、引き続き、捜索・救助活動と、「被災者生活支援チーム」を中心とした被災者の生活支援に全力で取り組んでまいりたいというふうに思います。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.