本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年4月26日(火)午後

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

熊本県熊本地方を震源とする地震について(23)

 地震の関係でありますけども、人的被害については前回会見時と一緒です。さらに、重傷者がプラス2名、軽傷者がプラス6名であります。
 ライフラインは引き続いて復旧しつつあります。その中で、ガスは約5万2千戸で供給停止、前回の会見時から約4千戸の減であります。今日まで約48パーセント復旧済みでありまして、4月中に6割、5月8日までに復旧完了を目指しております。水道、電力等は、先ほどと一緒です。原発についても、引き続き異常はないと報告を受けております。
 先ほど総理出席の下に、「第17回非常災害対策本部会議」を開催をいたしました。総理からは、依然として5万人近くの方々が不自由な避難生活を余儀なくされていることを踏まえ、一つ一つの避難所が何を求めているのか正確に把握をして共有すること。できるだけ早く学校を再開をし、公営住宅への入居を進めるとともに、応急仮設住宅の建設作業を被害認定や罹災証明書の交付と同時並行で進めること。被災地の中小企業の再建支援も急務であり、具体化する相談内容にきめ細かく対応すること。こうした指示がありました。
 政府としては、引き続き、捜索・救助活動、被災者の生活支援に全力で取り組んでいるところであります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.