本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年4月28日(木)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等8件と条約の公布、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、総務大臣から「労働力調査結果、消費者物価指数及び家計調査結果について」、厚生労働大臣から「有効求人倍率について」、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理等について」、それぞれ御発言がありました。
 閣僚懇談会においては、河野大臣から「平成28年度消費者月間について」御発言がありました。

安倍総理のイタリア・フランス・ベルギー・ドイツ・英国及びロシア出張について

 安倍総理は、5月1日から5月7日まで、イタリア、フランス、ベルギー、ドイツ、英国及びロシアに出張し、各国の首脳などとの会談を行います。今回の欧州諸国への訪問を通じて、G7伊勢志摩サミットへの成功に向けて、各国とG7伊勢志摩サミットの主要課題について、意見交換を行うとともに、関係を一層強化してまいりたいと考えてます。また、ロシアでは、平和条約締結問題を含む日露関係全般について、また、国際社会の様々な課題について意見交換を行う予定であります。

熊本県熊本地方を震源とする地震について(26)

 熊本地震についてでありますけども、本日6時現在、地震回数は995回であります。先日の記者会見と変わったことだけ申し上げます。ライフラインは引き続き復旧しつつあります。ガスは、約2万3千戸で供給停止。前回会見から約1万3千戸が改善をされてます。既に78パーセント復旧済みでありまして、月末までに復旧完了を目指します。水道は約1万3千戸で断水。前回会見から約2千戸の減であります。熊本市内の断水は、約40戸までになりました。全体で1週間程度で約3千戸、2週間又はそれ以上で約1万戸復旧をする予定であります。

「平成28年熊本地震による災害についての特定非常災害及びこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令」について

 安倍総理の指示を受けて、被災された方々の権利や利益を守るために、本日の閣議において、平成28年熊本地震による災害を特定非常災害と指定をし、これに対して適用する特別措置を定める政令を決定をいたしました。本政令については、5月2日の公布、施行を予定をいたしております。引き続き、捜索・救助活動、さらに生活支援に政府としては全力を挙げていきたい、こういうふうに思っております。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.