本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年4月28日(木)午後

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

熊本県熊本地方を震源とする地震について(27)

 熊本地震についての読み上げがあります。午前の会見と変わったところだけ読まさせていただきます。ライフラインは、引き続き復旧しつつあります。ガスは約2万戸で供給停止でありますけども、前回の午前中の会見から約3千戸の減になってます。既に約80パーセント復旧済みでありまして、4月末までに復旧完了、ここを実現できるように取り組んでます。
 さらに、避難所で暮らす被災者の皆さんのために、ホテル、旅館を確保し、特に配慮の必要な高齢者、妊婦、障害者等の方々を中心に移っていただくことにしております。既に255名を受け入れ、さらに、731名を受入れ決定をいたしております。また大型フェリー「はくおう」は、23日から休養施設として提供をしておりまして、被災者の方々592名が利用されております。
 また、避難所で暮らす被災者の方々の新しい住まいの確保に全力で取り組んでおります。公営住宅について、全国で約1万戸確保、405戸で入居者が決定をいたしております。熊本県内の民間賃貸住宅についても、損傷確認が済んだ約1,250戸について、順次、被災者の方々に提供を開始をいたしております。さらに、応急仮設住宅については、西原村、甲佐町などで着工に向けた動きを加速化いたしております。これらの業務が速やかに進められるよう、全国から派遣をお願いいたしております。
 また、本日夕方、総理出席の下に、第19回非常災害対策本部会議を開催の予定であります。政府としては、引き続き、捜索・救助活動と被災者の生活支援に全力で取り組んでまいります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.