本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年4月5日(火)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等10件と政令、人事が決定をされました。大臣発言として、安倍総理大臣、財務大臣及び石原大臣から「平成28年度予算等の成立にあたって」、総務大臣から「平成28年度予算の地方公共団体における早期執行について」、それぞれ御発言があり、私(官房長官)から「『国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議の開催について』の一部改正について」申し上げ、加藤大臣から「平成28年春の全国交通安全運動及び『交通事故死ゼロを目指す日』の実施について」、国家公安委員会委員長から「平成28年春の全国交通安全運動の実施について」、それぞれ御発言がありました。
 閣僚懇談会においては、財務大臣から「予算執行調査について」御発言があり、私(官房長官)から「ゴールデンウィーク期間における閣僚等の連絡・在京体制等について」申し上げました。

内閣官房参与の人事について

 内閣官房参与の人事について申し上げます。本日付で、東京都保健医療公社副理事長の佐々木勝氏を内閣官房参与に任命し、先ほど安倍総理より辞令を交付しました。
 佐々木氏は、災害医療の専門家であり、都立広尾病院院長など災害拠点病院や救命救急の第一線で活躍され、優れた識見を有しておられることから、「災害医療・危機管理」に関して、総理に対し、情報提供や助言を行っていただくことにしております。

国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議について

 本日の閣議後に「国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議」を開催をいたしました。会議では、今後5年間に集中的に取り組む対策をまとめた「薬剤耐性対策アクションプラン」を我が国として初めて決定をするとともに、国内における蚊の活動時期やリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックに向けた「ジカ熱」に関する追加的な対応について報告がありました。また、総理からは関係閣僚に対し、緊密に連携をし、関係施策を着実に進めるよう指示がありました。
 今後、政府一体となって、本日取りまとめたアクションプランや追加的な対応に沿って、各般にわたる対策の推進に着実に取り組んでまいります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.