本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成28年5月20日(金)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等15件と条約の公布、政令、人事が決定されました。大臣発言として、安倍総理大臣及び外務大臣から「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部の設置について」、加藤大臣から「『高齢社会白書』について」、国家公安委員会委員長から「『犯罪被害者白書』について」、法務大臣から「『平成27年度人権教育及び人権啓発施策』について」、文部科学大臣及び島尻大臣から「『平成27年度科学技術の振興に関する年次報告』について」、島尻大臣から「『世界最先端IT国家創造宣言』の変更について」及び「平成29年度に日本学術会議が共同主催する国際会議について」、総務大臣及び経済産業大臣から「平成28年経済センサス活動調査の実施について」、経済産業大臣から「『平成27年度ものづくり基盤技術の振興施策』について」、それぞれ御発言がありました。

沖縄関係閣僚会議について

 本日、閣議前に「沖縄関係閣僚会議」を開催をしました。会議では、岸田外務大臣及び中谷防衛大臣から、米側に対して申入れを行った状況について報告があり、引き続き、米側に対し、捜査への協力、米軍人・軍属の綱紀粛正と再発防止を強く求めていくことを改めて確認をいたしました。

持続可能な開発目標(SDGs)推進本部について

 次に、このSDGs推進本部第1回会合であります。安倍総理を本部長とする、この推進本部の第1回会合を開催しました。推進本部は、SDGsに係る我が国の施策の実施を推進するため、関係行政機関の緊密な連携を図るため、20日付けで内閣に設置されたものであります。会合では今後、持続可能な開発目標の設定のために我が国としての指針を策定していくことを決定しました。また、安倍総理から、来週のG7伊勢志摩サミットに向けて中東支援、保健、女性の分野における日本の貢献策についての発表がありました。

すべての女性が輝く社会づくり本部について

 本日、閣議後に「すべての女性が輝く社会づくり本部」が開催され、「女性活躍加速のための重点方針2016」を決定しました。この重点方針に基づき、女性活躍を更に加速させるために、官民で連携した、仕事と子育て、介護などが両立できる環境の整備、マイナンバーカードに旧姓を併記できるようにするための準備、熊本地震の被災者支援における女性や子育て世帯のニーズに配慮した対応の強化などを、政府一丸となって推進をしてまいります。

人身取引対策推進会議について

 「人身取引対策推進会議」を閣議後に開催をいたしました。会議では、昨年の我が国における人身取引による被害の状況や、対策の取組状況などをまとめた年次報告を決定をしたほか、人身取引の根絶を目指し「人身取引対策行動計画2014」に基づく取組を着実に進めていくことを確認をいたしました。

平成28年熊本地震復旧・復興支援連絡調整会議の開催について

 先日、熊本地震に対応するため補正予算が成立したことを踏まえて、被災地の復旧・復興を先手先手で迅速に進めるため、杉田内閣官房副長官を議長として、各府省庁事務次官級により構成される「平成28年熊本地震復旧・復興支援連絡調整会議」を設置し、本日午後に第1回会合を開催をいたします。政府としては引き続き、政府一丸となって「できることは全てやる」という姿勢で、被災地の復旧・復興に取り組んでまいります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.