本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年7月20日(水)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

平成28年熊本地震に係る初動対応の検証について

 政府では、熊本地震での初動対応、生活支援策に関する検証を、二段階で進めることにいたしております。第一弾として、杉田(官房)副長官が座長を務める「初動対応検証チーム」において、6月から、自治体支援、避難所運営、物資輸送の三分野を中心に、現地対策本部で指揮を執った関係省庁の職員の経験などを基に議論を行い、本日、その結果を検証レポートとして取りまとめました。このレポートでは、検証項目ごとに、評価できる点と課題を整理した上で、今後、政府が取り組むべき事項を記載をいたしております。
 今後、第二弾として、私(官房長官)が座長を務める中央防災会議・防災対策実行会議に、部外有識者、被災自治体、関係省庁からなるワーキンググループを設け、道府県と政令市の役割分担の明確化、物流システムの構築など、今回の検証で更に検討が必要とされた事項も含めて、年内を目途に、より多面的な検証を行っていきたい、このように思います。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.