本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年7月3日(日)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

バングラデシュ・ダッカにおける襲撃事案について(6)

 今朝、既にバングラデシュに入っている木原(外務)副大臣から電話で総理に連絡があり、現地の状況について報告を受けました。また、先ほど開催された国家安全保障会議において、現状と今後の対応について確認を行ったところであります。現地では引き続き情報収集、事実関係の確認、御家族の受入れに全力を挙げたいと思います。今後とも政府として、御家族のお気持ちに寄り添い、なし得る限りの支援をしていきたいというふうに思います。この一環として、御家族の意向を踏まえつつ、本日夕刻に政府専用機を派遣すべく大至急準備を整えており、全ての御家族が速やかに現地を訪問できるようにしてまいりたいと思います。
 残虐非道なテロで、罪のない方々の命が奪われ、強い憤りを覚えてます。いかなる理由であれ、テロは決して許されるものでなく断固として非難します。今回の卑劣なテロの犠牲になられた全ての国々の方々に深い哀悼の意を表すとともに、御家族の方々にお悔やみを申し上げます。国連安保理において、今回の事案を断固として非難するプレス・ステートメントを現在議長国である我が国が主導して発出をいたしました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.