本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年12月2日(金)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等12件と政令、人事が決定されました。大臣発言として、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理について」、御発言がありました。
 閣僚懇談会においては、農林水産大臣から「青森県及び新潟県における高病原性鳥インフルエンザへの対応状況について」、御発言がありました。

我が国独自の対北朝鮮措置について

 本年に入ってから北朝鮮が2回の核実験を強行するとともに、20発以上の弾道ミサイルを発射し、その能力を増強していることは新たな段階の脅威であります。このような暴挙は断じて容認することはできない。また、一日も早い全ての拉致被害者の帰国を求めてきたが、いまだに解決に至っていない。今回、我が国は、拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決するために、更なる独自の措置として、次の措置を実施することにしました。
 第一に、北朝鮮を渡航先とした再入国の禁止の対象となる、在日の北朝鮮当局職員を補佐する者及び在日外国人の核・ミサイル技術者を従来より拡大します。第二に、北朝鮮に寄港した日本籍船舶の入港を禁止します。第三に、資産凍結の対象となる北朝鮮の核・ミサイル計画に関連する団体・個人を拡大します。これらの措置の実施に当たっては、関係法令に基づいて、必要に応じ、閣議決定、国会の事後承認等の手続を経ることになります。なお、今後とも、北朝鮮の対応や国際社会の動向を踏まえ、必要に応じ更なる措置を検討してまいります。
 我が国としては、「対話と圧力」、「行動対行動」という一貫した方針の下に、核、ミサイル、そして引き続き最重要課題であります拉致問題といった諸懸案に関し、北朝鮮が問題解決に向けて具体的な行動をとるよう強く求めていきます。拉致問題については、ストックホルム合意に基づき、一日も早い全ての拉致被害者の帰国を実現すべく、全力で取り組んでまいりたい。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.