平成29年4月25日(火)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等13件と政令、人事が決定されました。大臣発言として、外務大臣から「平成29年版外交青書について」御発言がありました。
 閣僚懇談会においては、松本大臣から「平成29年度消費者月間について」、環境大臣から「クールビズの実施について」、鶴保大臣から「『クールビス』期間における『かりゆしウェア』の着用について」それぞれ御発言がありました。

内閣官房の人事について

 本日の閣議で決定した、内閣官房の人事について申し上げます。本日付で外務省外務審議官 片上慶一に、TPP政府対策本部首席交渉官を兼務させる人事を決定いたしました。

クールビズの実施について

 本日の閣僚懇談会において、環境大臣から今年の「クールビズ」の実施について発言があり、政府においては、昨年同様、5月から9月末までの期間で「クールビズ」を実施します。10月においても、暑い日には室温設定の適正な管理と各自の判断によって軽装を呼びかけてまいります。また、沖縄担当大臣から、「クールビズ」の選択肢の一つに沖縄の「かりゆしウェア」を加えていただきたい旨、各閣僚に協力の要請がありました。

マウリシオ・マクリ・アルゼンチン共和国大統領の来日について

 本日の閣議において、アルゼンチンのマクリ大統領を、5月18日から20日まで公式実務訪問賓客として招待することが了解されました。その間、天皇皇后両陛下は、マクリ大統領と御会見をする予定であります。また、安倍総理は首脳会談を行い、夕食会を催す予定であります。日本とアルゼンチンは、二国間、国際場裏の双方におけるパートナーとして長年にわたり友好・協力関係を築いてきました。昨年11月、安倍総理は日本の現職総理として57年ぶりにアルゼンチンを訪問しました。今般、1998年以来19年ぶりのアルゼンチン大統領訪日により、両国の絆と協力関係が一層深まることを期待いたします。

関連リンク