本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成29年4月7日(金)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等24件と政令、人事が決定をされました。

我が国の対北朝鮮措置の延長について

 我が国の対北朝鮮措置の延長について申し上げます。我が国は、北朝鮮に対し、全ての北朝鮮籍船舶、北朝鮮に寄港した全ての船舶及び国連安保理の決定等に基づき、制裁措置の対象とされた船舶の入港禁止措置、北朝鮮との間の輸出入禁止措置をとっております。これらの措置期限が4月13日に到来をするところ、本日の閣議において、これらの措置を2年間延長することを決定しました。これらの措置の延長は、北朝鮮を巡る諸般の事情を総合的に勘案し、判断したもので、関係省庁間で緊密に連携をし、実施を徹底していきます。政府としては、引き続き、「対話と圧力」、「行動対行動」の原則の下、米国、韓国をはじめとする関係国と緊密に連携しながら、北朝鮮に対して、拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的解決に向けた具体的な行動をとるよう強く求めてまいります。特に最重要課題である拉致問題については、引き続き、北朝鮮に対してストックホルム合意の履行を求めつつ、一日も早い全ての拉致被害者の帰国を実現すべく、全力を尽くしていきます。

総合海洋政策本部について

 本日、総合海洋政策本部会合が開催され、次期海洋基本計画の策定に向けた検討、有人国境離島地域の保全及び特定有人国境離島地域に係る地域社会の維持に関する基本的な方針の策定について議論が行われ、それぞれ了承されました。これに基づき、関係省庁の緊密な連携の下、取り組みを進めてまいります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.