本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年7月29日(土)午後

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

北朝鮮による弾道ミサイル発射事案について(3)

 昨日の北朝鮮によるミサイル発射を受けて、我が国は直ちに関係国と緊密な連携を図っております。具体的には、本日午前9時30分頃、岸田外務大臣とティラソン米国務長官との間で、また、午前11時頃、岸田大臣と康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官との間で、また、午前11時半頃、谷内国家安全保障局長とマクマスター米国家安全保障担当大統領補佐官との間で、電話会談を行い、意見交換を行いました。その後、0時50分頃から、国家安全保障会議を開催し、これらの電話会談の内容について報告を受けた上で、総理から米国や韓国を始めとする関係国と緊密に連携をしつつ、いかなる事態においても国民の生命、財産、守るべく、高度な警戒監視態勢を維持し、万全の態勢をとることなどについて指示がありました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.