本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成29年7月6日(木)午前

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

台風第3号及び梅雨前線による大雨について(3)

 本日の未明より、警察、消防、自衛隊7,800人の態勢で、福岡県、大分県、被災市町村と緊密に連携し、被災者の救命・救助、被害状況の把握に全力で取り組んでおります。また、ヘリ40数機が待機しており、その中で天候の状況を見ながら、6機程度が飛行しているということであります。そして、被災状況の確認に努めているところであります。また、孤立しておりました福岡県東峰村については、自衛隊部隊が村役場に到達し、被害状況の確認や村内における救出・救助、道路の復旧等の活動に当たっております。110番、119番等を通じ、通報のあった安否不明者については、引き続きその確認に努めており、これまで救助を行ったり、その無事を確認したものもありますが、新たに安否の確認を求める通報も寄せられており、現在、全力で確認に当たっているところであります。

福岡県・大分県等の大雨に関する関係閣僚会議について

 本日午前9時より関係閣僚会議を開催し、総理指示を踏まえ、政府の総合力を発揮して、被災状況の把握、被災者の救命・救助、支援等に全力で当たることを確認し、実行いたしております。また、本日にも、内閣府松本副大臣を長とする政府調査団を福岡県に、内閣府長坂大臣政務官を長とする政府調査団を大分県にそれぞれ派遣し、被災状況の把握と被災自治体との連携に当たることといたしております。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.