平成30年9月7日(金)午前 | 平成30年 | 官房長官記者会見 | 記者会見 | 首相官邸ホームページ

本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年9月7日(金)午前

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等10件と条約の公布、政令、人事が決定されました。大臣発言として、経済産業大臣から「平成30年度中小企業者に関する国等の契約の基本方針及び中小企業・小規模事業者等に対する特定補助金等の交付の方針について」、総務大臣から「家計調査結果について」、厚生労働大臣から「平成30年度『自殺予防週間』の実施について」、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理について」、それぞれ御発言がありました。閣僚懇談会においては、梶山大臣から「平成30年の地方分権改革に関する提案募集の取組について」、御発言がありました。

平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震について(5)

 北海道胆振東部地震について、これまで把握しております人的被害は、死者16名、安否不明者26名と報告を受けております。現在、警察、消防、自衛隊、海上保安庁の部隊が、人命第一の方針の下、道外からの応援を含め2万2千人、ヘリ75機等により24時間体制で捜索・救助活動に全力で取り組んでおります。なお、自衛隊は現在6千500名体制ですが、今後2万5千人にまで増強する予定であります。現時点で、北海道全体のほぼ半分、140万戸で電力供給を再開しており、これにともない4,000戸の断水が解消され、今後、新千歳空港を始め、交通インフラが再開するほか、ガソリンスタンドなども順次営業を再開する見込みであります。
 先ほど、総理出席の下、(平成30年北海道胆振東部地震に関する)関係閣僚会議を開催しました。総理からは、被災市町村等としっかり連携し、不足している食料や生活物資等の供給をプッシュ型で行うこと、先手先手で対応すること、その指示がありました。政府としては引き続き、官邸が司令塔となって対応を万全に期してまいります。北海道では昼過ぎから雨になるところがある見込みです。揺れが大きかった地域の皆さんは、新たな土砂災害の発生に御注意いただくとともに、余震に注意をいただきたいと思います。また、少しでも多くの地域への電力供給を可能にするため、電力供給が復旧した道民の皆さんには、可能な限りの節電をお願い申し上げたいと思います。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.