令和3年3月12日(金)午前

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 冒頭2件申し上げます。まず閣議の概要でありますが、国会提出案件8件、政令、人事が決定されました。大臣発言として、外務大臣から「2020年版開発協力白書について」、総務大臣から「死因究明等の推進に関する政策評価の結果について」、それぞれ御発言がありました。

菅総理の訪米について

 2点目でありますが、1月の日米首脳電話会談において、両首脳は菅総理の訪米について可能な限り早い時期で調整していくことで一致をしたところであります。今般、米側との調整が整い、諸般の事情が許せば、菅総理は4月前半にも訪米し、バイデン大統領との間で初の日米首脳会談を行う予定であります。今次訪問により、菅総理はバイデン大統領と対面で面会する初の外国首脳となる予定と承知をしております。具体的な日時等訪米の詳細は、今後調整していくこととなっております。また、総理訪米の円滑な実施に当たり、新型コロナ対策を万全にすることで米側と一致していることを踏まえ、政府代表団に含まれる者等を必要最小限の数に絞った上で、これらの者全員がワクチン接種することとしております。今回の訪米を通じて、日米同盟を含む日米関係を一層強化し、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて日米で緊密に連携していくことを確認することを期待をしております。また、地域の諸課題、(新型)コロナ(ウイルス)対策、気候変動といった国際社会の共通課題について有意義な議論が行われるものと期待をしているところであります

関連リンク