首相官邸  
官房長官記者発表 トップページへ

平成19年4月25日(水)午後


○安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会の設置について

 総理はかねてより、日本を巡る安全保障環境が大きく変化する中で、時代状況に適合した実効性のある安全保障の法的基盤を再構築する必要があるとの問題意識を表明されております。
 今般、このような問題意識の下、そのような取り組みの一環として、個別具体的な類型に即して、集団的自衛権の問題を含めた、憲法との関係の整理につき研究を行うことを目的として「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」を設置することといたしました。懇談会のメンバーにつきましては、既にお手元にお配りしているとおりでございます。
 この懇談会は、5月18日に第1回目の会合を開催する予定です。この懇談会には、本年秋を目途として検討の成果をまとめ、総理にご報告願いたいと考えているところでございます。
 なお、本懇談会の事務局は内閣官房(副長官補室(外政・安危))でございますので、よろしくお願いいたしたいと思います。


バックナンバー