首相官邸
官房長官記者発表 トップページへ

平成20年2月20日(水)午前
▼動画版
○年度末に向けた中小企業対策に関する関係閣僚による会合の開催について
 3点こちらから申し上げます。1点は、今朝、関係閣僚、総理もご出席をいただきましたが、年度末に向けた中小企業対策に関する関係閣僚による会合を開催をいたしました。これは先週金曜日に、閣議後、総理のご指示を受けまして関係省庁で精力的に検討を進め、昨日は、自民党、公明党からのご要請もありまして、それらを含めて取りまとめたものでございます。具体的にはもう皆さん方のお手元に資料(1[PDF]2[PDF])が配られていると思いますけれども、一つは、金融面での対策ということで、原油及び建築関連のセーフティネット保証の継続と強化、それから小規模・零細事業者向け年度末金融の円滑化の推進、あと年度末の金融繁忙期における中小企業の資金繰りへの配慮の要請、これは明日、関係閣僚が出席をして、金融関係者の方々にお集まりをいただいて要請をすることも入っておりますけれども、そうしたこと。或いは地域の面的再生・活性化に向けた対策が1点。2点目は、これは経産省或いは公取を含めてでありますけれども、下請取引対策として、下請代金法や独禁法の取締りの強化、下請適正取引の推進の徹底化、建築確認手続の円滑化、公共調達の適正化、あと荷主対策、荷主が独禁法でいうところの優越的地位の乱用がないかどうか、などなどの点を含めてしっかりやっていこうと。その他、こうしたことを、地方自治体への協力要請を含めて、政策の普及啓発、PRを大いにやっていこうという内容でございます。年度末を迎えるに当たりまして、景気がやや下振れ警戒感もある中でございます。そういう中で大変御苦労をいただいております中小企業の方々への対策をしっかり取りまとめたということでございます。詳細については、事務方からまたブリーフがあろうかと思います。
○自衛艦と漁船の衝突事故について
 イージス艦の事故でございますけれども、捜索の状況につきましては、引き続き、昨日に引き続きまして、或いは昨夜来に引き続きまして、海上保安庁、海上自衛隊の艦船、航空機及び民間の漁船の皆さん方のご協力もいただいて、清徳丸に乗船していた吉清さん親子の捜索を行なっておりますけれども、残念なことに未だ発見には至っておりません。・事故原因の捜査でございますけれども、事実関係の究明は、これは海上保安庁が捜査をしておりまして、その結果を待たなければなりませんけれども、従って、海保がどういう捜査状況にあるかということは、海保の方にお聞きをいただきたいのですが、昨日は、業務上過失往来危険容疑ということで、イージス艦あたごの捜索を行なって、航泊日誌等27点の証拠書類を差し押さえたと聞いております。今日は、関係者からの事情聴取を行うということで、9時過ぎ頃から事情聴取が始まっているということでございます。
○福田総理の韓国訪問について
 それから3点目は、福田総理の韓国訪問でございます。明日の議運の了解をいただいた上で、明後日の閣議で正式な決定でありますけれども、2月25日月曜日に行われます李明博韓国新大統領の就任式に出席するため、韓国を訪問するということになりました。また、この機会をとらえまして福田総理は新大統領との間で初の日韓首脳会談を行うということでございまして、24日日曜日の午後、日本を出発して、25日夜帰国をするという予定であります。日韓首脳会談の日時はまだ調整中であります。議題は当然のことでございますけれども、日韓間の未来志向型の友好協力関係を一層強力に進めていこうという議論、或いは北朝鮮問題等日韓共通の課題について、いろいろ意見交換が行われるということであります。
 私(官房長官)の方からは3点、以上でございます。


バックナンバー