首相官邸
官房長官記者発表 トップページへ

平成21年5月25日(月)午後
▼動画版
資料
内閣総理大臣声明
○北朝鮮による核実験の実施情報について
 先程、安全保障会議が開催されました。北朝鮮による核実験の実施情報について審議をし、お手元に配布の資料のとおり内閣総理大臣声明が発出されたところでございます。
 北朝鮮による核実験は、北朝鮮が大量破壊兵器の運搬手段となり得る弾道ミサイル能力の増強をしていることと併せ考えますと、我が国の安全に対する重大な脅威であり、北東アジア及び国際社会の平和と安全を著しく害するものとして、断じて容認できません。北朝鮮に対して厳重に抗議をし、断固として非難をいたします。
 北朝鮮は、本年4月には安保理決議に違反するミサイル発射を強行をしたところであり、本年4月13日の安保理議長声明で、北朝鮮が安保理決議第1718号の下での義務を完全に遵守しなければならないとされております中での核実験の実施、これは国連安保理決議の権威に対するさらなる重大な挑戦であります。
 我が国としましては既に国連安保理緊急会合を要請したところでありますが、累次の安保理決議を完全に履行するよう要求するとともに、この機会に改めて拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的な解決に向け、具体的な行動を取るように北朝鮮に強く求めておるところであります。
 核実験に伴う放射能の我が国に対する影響につきましては、関係省庁、機関の協力を得て、我が国における放射能の測定体制を強化するとともに、関係各国と連携をし万全な体制で対応してまいります。

バックナンバー