首相官邸 東日本大震災への対応〜首相官邸災害対策ページ〜 首相官邸 トップページへ


このページは、過去の「東日本大震災」関連ページを記録のために保存しているものであり、掲載されている情報は、最新のものとは限りませんので、御留意ください。また、リンク切れを起こしている可能性もありますので、御理解願います。



福島県内の校庭利用の暫定的な目安について



文部科学省は、国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告等を踏まえ、学校の校舎・校庭等の利用判断の暫定的な目安を年間20ミリシーベルト以下とし、今後できる限り、児童生徒等の受ける線量を減らしていくことが適切である旨を、福島県知事や福島県教育委員会等に通知しました。


放射線量が毎時3.8マイクロシーベルト以上の学校では、当面、校庭等での活動を1日あたり1時間程度にするなど、児童生徒等の屋外活動をなるべく制限することが適当です。さらに、児童生徒の皆さんは、以下に気を付けてください。

 1)屋外活動後には、手や顔を洗い、うがいをする。
 2)土や砂を口に入れないように注意する。
 3)土や砂が口に入ったら、よくうがいをする。
 4)登校時、帰宅時に靴の泥をできるだけ落とす。
 5)土ぼこりや砂ぼこりが多いときには窓を閉める。


なお、4月14日の文部科学省による調査では○印のある13校がこの数値以上でした(中学校は高さ1mの、それ以外の学校等は高さ50cmの数値を測定値として採用)。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/04/19/1305187_0414.pdf


それ以外の学校では、平常通り校舎や校庭等を使って差し支えありません。 また、放射線量が毎時3.8マイクロシーベルト以上の13校についても、今後の調査で3.8マイクロシーベルトを下回る数値であることが確認されれば、放射線量が十分低下したものとして、校舎や校庭等の利用を平常通りに戻します。

国は福島県と連携して、継続的にモニタリング調査を行っていきます。

くわしくは 福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1305173.htm





[ 災害対策のページに戻る ]