このページは、過去の「東日本大震災」関連ページを記録のために保存しているものであり、掲載されている情報は、最新のものとは限りませんので、御留意ください。また、リンク切れを起こしている可能性もありますので、御理解願います。


屋内退避圏内にお住まいの方に対して
政府が行っている生活支援対策(一部)


3月23日夜、福島第一原発から半径20km〜30km以内にお住まいの方々の自主避難促進を地元市町村長にお願いしました。これと並行して、域内に現に残っていらっしゃる方々の生活維持のため、次のような対応を政府として講じております。

・原子力発電所周辺の住民向けに、ガソリン等計820klの供給要請があり、これに対し、政府として、3月25日までに計670klを供給しました。

・3月17日以降に南相馬市から直接に緊急要請を受けた物資を国から直接、南相馬市に対して配送済みです。

   アルファ米・即席めん57,000食
   ペットボトル27,000リットル
   缶詰20,000個
   毛布500枚
   燃料約91kl

(3月25日(金)18:00時点)